進むべき道は多様!保育士の免許を取って保育士になる

保育士の試験を受けるまで

保育士になる場合、最終的には国家資格である保育士の免許を取得する必要があります。もちろん特別なプロセスを経ずにそうした試験を受けるのではなく、一般的に学校に通う事になります。保育士の勉強は大きく分けて四年制大学、短期大学、専門学校で学ぶ事ができます。実際の現場を経験した教師の元で学んだ方が免許取得に役立つ知識を得られますので重要です。もちろんこうした学校に通う場合、必要な単位も取得する必要があります。

自分に合った就職先を見極める

保育士の免許を取得した場合、様々な職場に就職する道が開けます。私立保育園だけでなく養護施設や企業、病院など、一般的に思われている以上に保育士の需要は大きいのです。一方で公立保育園に就職する場合は保育士免許だけでなく公務員試験に合格する必要があります。保育園は公立と私立によって働いている人の層からボーナスの額まで異なりますので、事前にしっかり調査しておくようにしましょう。一般的に公立の方が長く働いている年かさの保育士さんが多いと言われていますので、指導を受けやすい特徴があります。

免許を取得しただけで安心してはいけない

保育士免許を取得すれば多様な場所に就職する事ができますが、一方で自分自身にあった就職先を考えるようにしましょう。保育士の仕事は子供達のお世話だけでなく、雑務を任される事もあります。行事の準備からご両親への連絡帳の記帳など、幅広いのです。そのため就職先を選ぶ場合はできるだけ人員の豊かな保育園を選ぶと良いでしょう。長く保育士の仕事を続けて行くためにも、保育士免許を取得した後の配慮が大切になってくるのです。

保育園での求人とは、保育園にくるかわいいたくさんの子供達を保護者から預かりめんどうを見る仕事を募集しているということです。