美容師になるには!?自分に合った学校を選ぼう

美容師になるための学校の選び方って?

美容師になるには、厚生労働大臣が指定した専門学校などの養成学校に入学・卒業する必要があります。基本的には、それらの学校の入学資格として高卒以上と定められています。しかし、専門学校などによっては中卒でも入学が可能な施設もあるので、事前に必ずチェックしましょう。また、ほとんどの養成施設には通学して勉強するコースと通信コースの2種類があります。さらに通学課程は、昼間課程と夜間課程という風に分かれていることがほとんどなので、自分に合ったスタイルで美容師になるための知識を身に着けることができます。

美容専門学校の通学課程とは!?

通学課程の昼間課程の在学期間は基本的に2年間で、普通の大学や高校のように朝から夕方まで授業があります。実技的な授業が多かったり、コンテストなどのイベントを開催している学校もあるので、レベルの高い教育を売ることができます。対して、夜間課程での学習期間は2年から2年半で、授業は毎日夕方から始まります。授業が始まるまでの間はアルバイトができるので、働いてお金をためながら美容師になるスキルを身に着けることが可能です。

通信課程で美容師のスキルを身に着けるには!?

通信課程の学習期間は基本的には3年間で、教本に基づいた通信での授業と、養成施設での面接授業で美容師になるための勉強をします。まずは、厚生労働省指定の養育施設に認定されている専門学校を選びます。そして、3年間通信授業や面接授業を受けたのちに卒業し、国家試験に臨むこととなります。通学で学校を卒業するコースよりも比較的学費は安いため、美容室で仕事を勉強しながら通信教育で資格をとる準備をしているという人も多くみられます。

美容師の求人を誰のために探すかというと、間違いなくあなた自身のためです。自分のための求人探しだからこそ、自分がどのような環境で働きたいのか考えて探すことが大切です。