離れて暮らす親を支えるために!介護のアウトソーシング!!

直接介護はできないことを前提に考える

介護と言えばトイレやお風呂の介助、食事の世話などを思い浮かべる人が多いかと思いますが、こうしたことを直接介護といい、その内容からすれば離れて暮らしたままではできるはずがない、同居しないといけないのでは、仕事を辞める必要がある等と親の介護に恐れを抱くようになります。しかし、離れていても親を支えるためには、原則、直接介護はできないと考えましょう。では、どうすればいいかというと、それらのことを代行してくれるサービスを見つけて活用することが重要になるのです。

代役探しも介護のひとつ

自分たちができないことは外注するか、同居であっても全ては自分たちではできないので、アウトソーシングするのがいいでしょう。もちろん、なんでもかんでも丸投げできるわけではなく、上手にアウトソーシングするための工夫は必要になります。しかし、親の介護をアウトソーシングするというと、手抜きだとか冷たい人と言われるのではと心配していませんか。責任を放棄することではないのですから、代役探しを躊躇う必要はないのです。なぜなら、責任感があるからこそ、支援や介護する代役を探し、そのことについて親に情報提供するわけですし、こうしたことも介護の側面と言えます。

状況は日々かわっていく

親の状態は徐々に変化し、支え方も変化していくもので、介護についても10年、20年と長期化することもあるでしょう。介護が必要と認定されると別居の子から親への関与度合いは高くせざるを得なくなり、両親のうち一人がなくなると見守り度も高くなります。結婚しているなら配偶者の両親もいますから、同時に介護となる可能性もでてくるわけです。それぞれの状況で、適切なサービスや医療を導入できれば、急激な状況悪化を食い止められることもありますので、そのために情報を集め、親とのコミュニケーションをとることは欠かせないでしょう。

介護の派遣はとても人気のある仕事で、高時給で働く事が出来る介護の仕事として人気があります。高待遇です。